血液型占いの鑑定方法

対象者の経歴や過去の事例を考慮する

占いの鑑定はそれぞれ特有の方法がありますが、血液型占いの場合は基本的に対象者の経歴に頼る形になります。血液型占いは1927年に発表された論文が原型とされているため、他の占いのような長い歴史を持ちません。学術的な価値を持つ膨大な資料があるわけではないため、必然的に占う相手の過去の経歴を重視することになります。また、同じ血液型の人に出した占いの結果を参考にするケースも少なくありません。血液型占いはその手軽さから広く普及し、占いの件数だけを見れば長い歴史を持つ他の占いに引けを取らないほどの鑑定結果があります。それらを過去の事例として扱い、現在の血液型占いに当てはめて鑑定するのが主流の方法と言えるでしょう。

高く評価されている血液型占い師の多くがこのような方法で鑑定を行っています。

種類が増えても基本的な内容は変わらない

血液型占いは4種類の血液型にそれぞれ目立つ特徴を当てはめ、占う相手の経歴を考慮して鑑定します。従来のABO式血液型の他、Rh式やMNSs式を用いるなどアレンジした血液型占いも増えていますが、それぞれの血液型ごとに特徴を当てはめる方法は変わりません。誰にでも当てはまり、それでいてそれぞれの血液型らしいイメージを抱かせる特徴を示すのが血液型占いの本質と言えるでしょう。占いの中でも非常に手軽とされている血液型占いは鑑定結果が最大公約数的な内容になることが多いので、占いにこだわる人には物足りないと感じてしまうのも事実です。しかし、暮らしの中に少しばかりの刺激を求める人や手軽に運勢を予測したい人などのライトユーザーには非常に便利な占いであることは否定できません。